ワードプレスのurlを変更なしでスマホ向けにする

テーマと呼ばれる数多くのテンプレートが揃っており、デザインする知識がなくても瞬く間に綺麗なウェブページが作れるのがワードプレスの魅力です。多くの企業が商品をアピールするために、このCMSを導入しています。しかし、現在ではパソコンだけでなく、スマホからもウェブページにアクセスする人が大勢います。パソコンよりも閲覧者が多いとされますので、化粧品のLPを作るならスマホ用のページを作ると、集客が効率良くなります。
化粧品のLPのスマホ表示させるなら、別のウェブページを作成して、スマホのユーザーはそちらに誘導させる方法があります。他にもレスポンシブデザインでウェブページを作成する方法があり、ワードプレスはどちらにも対応していますが、前者はurlが変更されてしまうため、アクセスが分散したり、管理が面倒になるなどのデメリットがあります。後者は同じウェブページを管理できますので楽ですが、パソコンとスマホ、どちらから見ても違和感のないデザインに作成しなければならず、使いやすさに限界が出たり、作成の難易度が上がるデメリットがあります。これらの問題を解決する機能が、ワードプレスにはあります。テンプレートを切り替えるだけで、簡単にスマホ表示専用のウェブページにできます。この方法であればurlを別々に用意する必要がなくなります。デザインを管理するならテンプレートとして使っているテーマごとに変更するだけですので、パソコン表示用とスマホ表示用のそれぞれのデザインを崩さずに済むのがメリットです。
手順として、パソコン表示用とスマホ表示用に最適なテーマを探します。無料でも優れたものがありますが、美しいデザインと管理が簡単な有料のテーマを購入するのもおすすめです。有料のテーマならプログラミングがわからなくても、ランディングページとして使いやすく、成約率を高められる優れたウェブページを作成できます。後は、表示を切り替えるためのワードプレス用プラグインを導入します。評判がよいMulti Device Switcherを導入するのがおすすめです。プラグインを有効にしたら、メニューの外観からマルチデバイスを選びます。スマホ用テーマとタブレット端末用テーマ、携帯モバイル端末用テーマなど細かく設定できます。元々のワードプレスで設定しておいたテーマはパソコン用として使われます。設定が終わったら、実際にパソコンとスマホから同じurlを入力して確認すると、テーマが切り替わっているのが分かります。