ワードプレスにおけるurl変更の際の注意

ワードプレスで作成したホームページのurlは、自由に決めることができます。この際、ワードプレスは2つのurlを管理することになるため、そのurlの管理には十分な注意が必要です。しっかりと管理を行わないと、urlにログインできなくなりサイトの情報を変更することができなくなることも少なくないため、url変更を行う際にはしっかりと準備をした上で、確実に行うことが大切です。

このurlは基本的にはワードプレスをインストールしたフォルダーのアドレスになることが多いものです。ワードプレスをインストールしたアドレスはワードプレスアドレスと呼ばれ、このurlは変更することができません。またデフォルトではこのurlが作成したホームページをアクセスする際のインターネットのアドレスとなります。基本的にドメイン名は自由に設定することができるため通常はこのままでも問題は無いのですが、ファイル名と実際のurlを違いたい場合や、複数のサイトを管理する場合などはurl変更を行うことで自由にアドレスを変更することが可能となっています。

通販サイトなどを作成する場合、このワードプレスのurl変更機能は大きな効果を発揮します。通販サイトにおいては複数のurlを使用してランディングページを作成することも多く、これらのランディングページを作成するために異なるフォルダーにワードプレスをインストールしていたのではサーバーのリソースを大きく消費することになり、実際のホームページの作成に大きな支障をきたすことも少なくありません。そのため、url変更を行って複数のサイトを同時に管理すると言う方法がとられることが多いものです。特に化粧品のホームページ等はランディングページを複数作成し自分の通販サイトに誘導するということも多く行われていますが、これらを別々のシステムで制作していた場合にはデータの整合性が損われる危険性があるほか、新商品の追加等によるページの変更を行う際にもその管理に於いて大きな労力を費やしてしまうことになります。ワードプレスのurl変更機能を利用することで、データの統合管理が行えることになり、非常に簡単に複数のランディングページを管理することができるのです。実際にこの手法で作られた化粧品のランディングページとデザイン例においては健康管理が徹底しており、ページのメンテナンスが非常に効率的に行われていることからもその効果が十分に現れているものとなっています。