ワードプレスで作成したブログがインデックスされない理由

ワードプレスでブログを作成したのにアクセスが無い場合の理由として、グーグルなどの検索エンジンにインデックスされないことが考えられます。はてなブログやライブドアブログなどの無料ブログは、記事を書いて投稿すると数十分から数時間でインデックスされます。無料ブログのインデックスが早い理由は、運営するブログサービスからさまざまなリンクをされていることにあります。自分の記事にリンクをされているということは、それだけクローラーに見つけてもらいやすいということになります。クローラーとは、グーグルなどのロボット型検索エンジンが、ブログの記事などのWEB上のファイルを収集するためのプログラムのことです。クローラーが収集したWEB上のファイルはインデックス化され、検索データベースに取り込まれます。これによりグーグルなどの検索窓に入力したキーワードから検索データーベースから順位付けして検索結果に表示されます。つまりインデックスされない間は検索エンジンからの流入が見込めないということになります。

一方でワードプレスで作成したブログは、はじめのうちはどこからもリンクされていません。ですから、そのままにしておくと、いつまでたってもクローラーに収集されずに検索エンジンにインデックスされないことになります。記事数を着実に増やしたり、更新頻度を上げることでインデックスされるスピードは徐々にあがり、ドメイン取得後ある程度の期間が経過すると無料ブログに比べて検索結果の上位に表示される確率が高くなることもあります。

また、ワードプレスにはさまざまなプラグインがあり、開設後まもないブログを検索エンジンにインデックスさせるプラグインもあります。こうしたプラグインを利用することで、サイトマップを作成しグーグルに送信してくれます。ただし、送信後すぐにはインデックスされないので数日待つことになります。その間も記事を毎日更新することが早くインデックスされるポイントです。一般的にブログの場合、3か月間で100記事を書くことがグーグルの検索結果で上位に表示されるためのひとつの目安とされています。一つの記事は最低でも600文字程度書くのがポイントです。3か月間の間は、記事を書いてインデックスされても訪問者がほとんど来ないため、アクセス解析などのツールは入れずに、記事を書くことに専念したほうがよいでしょう。それまでの間はブログランキングなどのサイトに登録して、順位をみながらモチベーションを維持するのもひとつの方法です。