ワードプレスとテンプレートのインストール方法

デザインの知識がなくても既存のテンプレートがたくさんあるワードプレスを導入すれば、直ちに通販のランディングページを作成、管理できますので便利です。通販の売上を上げるためにランディングページ作成を始めるなら、まずはワードプレスのインストール方法を学ぶようにします。
インストールを楽にするなら、簡単インストールを導入しているレンタルサーバーを選ぶようにします。エックスサーバーやロリポップなどの有名なレンタルサーバーなら、基本的に簡単インストール機能が付いています。レンタルサーバーの説明に従ってインストールを開始します。簡単インストールがなければ、ワードプレスの公式サイトから最新版をダウンロードし、FTPクライアントを通じて、サーバーの適切なフォルダ内にアップロードします。FTPクライアント側ではインストールしたいサーバーのホスト名とユーザー名、パスワードなどを設定しておきます。データベースを使用しますので、事前にレンタルサーバー側でデータベースを作成しておく必要が出てきます。簡単インストールなら、手続きの中でデータベースを作成しますので、深く考える必要がなくなります。ワードプレスにブラウザからアクセスすると、データベースの名称やユーザー名、パスワードにホスト名などを入力する欄が表示されますので、正しく入力します。最後にインストール実行を押してサイトの必須情報を入力すればログインして管理できます。テンプレートのインストール方法ですが、ログイン画面内の外観からテーマを選び、新規追加を押します。公式テーマや他者が作成したテーマなどが配布されていますので、好きなものを選ぶだけで簡単にインストールできます。外部で公開されているもの、有料のテーマをインストールしたいなら、アップロードを利用します。圧縮フォルダをそのままワードプレスから選択するだけでインストールが終わります。後は適用したいテーマを有効化するだけです。
通販のランディングページ用なら、無料配布のものよりも有料のテーマや、通販のランディングページの実績を持つ業者に作成依頼するのがおすすめです。作成依頼する方法であれば自分たちでページ内容を仕上げたりカスタマイズする手間が殆どありませんので、すぐにランディングページを公開できます。季節ものの商品を取り扱う通販サイトだと素早い公開が必須ですので、スピード重視ならお金をかけてでも実績の確かな業者に依頼したいところです。