サーバの変更に役立つワードプレスのインポート機能

化粧品メーカーは、オンラインショップで自社開発の化粧品を販売する事が増えています。販路を広げる事で、多くのユーザーに自社製品を知ってもらい、購入して使ってもらえる環境を作っていく事が出来ます。オンラインショップで取り扱っている商品を宣伝していくには、バナー広告を使うよりもランディングページを使った方が適切です。ランディングページは、商品毎に作る事が可能ですので、化粧品メーカーが取り扱っている商品の数やブランドが複数あるほど同時に宣伝を行えます。複数のランディングページを管理する場合、CMSを使わずに行いますと管理に手間取る事がありますので、近年ではワードプレスを使ってランディングページを管理するスタイルが増加しています。
ワードプレスによるランディングページの管理は、カテゴリー分けしたり、ランディングページを取捨選択出来たりというように効率化を図る事が出来ますが、サーバを変更する時にも記事内容を容易にバックアップさせる事が出来ます。ワードプレスにはエクスポート機能が搭載されており、この機能を使う事で記事のバックアップを行えます。新しいサーバ上のワードプレスの管理画面でバックアップデータをインポートする事で、新しい環境下に今まで構築してきた環境を移植させる事が出来ます。サーバの更新を行う場合には、ワードプレスのインポート機能を活用する事がポイントとなってきます。
化粧品のランディングページと実績を明確にするには、アクセス解析ツールなどを使ってネットユーザーのアクセス状況を調べる事が出来ます。このようなマーケティング調査を実施する事で、ランディングページの効果が発揮出来ているのかどうかを調べられます。検索に使われているワードやコンバージョン率などを調べる事で、売り上げが向上しているのかどうかを知る事ができ、あまりランディングページの効果が出ていない場合には、同様の内容で表現を変えたランディングページを用意し、同時に公開します。公開したランディングページの中で最も効果が高いページだけを残しておけば、多くのアクセスを集められる環境作りが行えるでしょう。ワードプレスは、複数のページをテンプレートで同時に構造の変更がしやすいツールですので、SEO対策の方法を変えて公開していく事で、検索結果ページの上位に表示される可能性が広がります。デザインの変更は外部CSSで行えば良いですので、ランディングページのコンテンツ内容を変えるだけでもSEO効果は高まり、実績を高めていく事が出来ます。