ワードプレスで便利に使える引用のプラグイン

外部のサイトなど別の場所を参考にしてテキストを引っぱってくる際に、「これは引用した内容である」と分かりやすくする引用タグは、通常ワードプレスでもデフォルトで備わっている機能です。文中で使用する際は、ワードプレスのビジュアルエディタの、赤い四角で囲われた部分をクリックすることで使用することができます。ちなみに、ワードプレスに備わっているタグをカスタマイズしたいなら、ログインしてから左サイドメニューにある「外観」「テーマ編集」をクリックし、右メニューの「style.css」を開きソースコードを編集することで囲いの色やボーダーの太さなどをカスタマイズできます。

さて、こういったカスタマイズが面倒だという方や、もっと違うタイプの引用タグが欲しいという方におすすめなのが「Perfect Pullquotes」です。このプラグインを使うと、引っぱってきた文章とオリジナルの文章の間に仕切り線を設けることができます。もちろん、検索エンジンクローラーが巡回してページ情報を読み取った際に、「ここは引用箇所ですよ」と知らせる「

タグ」がソース上にきちんと挿入されるため、コピーコンテンツと誤認されることもありません。

この「Perfect Pullquotes」には、色んな機能が備わっています。まず、引用したテキストを本文の左右または全幅で表示が可能です。引用文のフォントサイズがカスタマイズできるのも便利です。本文との間を仕切る線の色は、自由に変更が可能です。また、引っぱってくる元のサイトのリンク自体も、ショートコード内のパラメーターで設定することができ、非常に便利です。先述の、コピーコンテンツ誤認を防ぐ「

タグ」の挿入も安心できる点です。
インストールは、プラグインの新規追加でそのまま名前を検索するとすぐにヒットします。特に設定項目はなく、簡単に使用しはじめることができるのも強みです。プラグインの追加方法は通常のプラグインと同じ方法で大丈夫です。検索でヒットした「Perfect Pullquotes」の圧縮ファイルを解凍します。次に、FTPなどを使用して「ワードプレスのインストールフォルダ」、「wp-content」、「plugins」の順にフォルダをアップロードします。そして、最後はワードプレスの管理画面から「プラグイン」をクリックして、プラグインを有効化すれば利用可能です。