ベトナムの日本人カジノオーナー

ダナンというリゾート地の海沿いにある老舗の5つ星ホテルの地下1階にあるカジノクラブと、同じダナンの街の中にある5つ星のホテルの2階にあるカジノクラブはどちらも日本人のオーナーが経営を行っていて日本語に対応しているだけではなく日本人オーナー独自のスタッフのサービスが良い評判を得ているカジノです。そして初心者であっても気軽にゲームを楽しみやすい環境となっています。

そのようなカジノに9年間常務を務めている方は大学を卒業した後、半年間東京で通信サービスの営業を行っていました。それから投資家の方からカジノの立ち上げの手伝いに誘われて、23歳のときにハノイを実際に視察して、その年の10月から1軒目のカジノクラブを立ち上げ、2017年に2軒目のカジノクラブを立ち上げたのです。

常務は、ずっと外国で仕事をしたいと感じていたのですが大学に在学している最中にキャバクラに通って、およそ200万円ぐらいの借金をしてしまいサラリーマンを半年間勤めて借金を返済してからのベトナムの進出となりました。1軒目は以前から日本人が経営していたのでライセンスを引き継ぐことが出来るという理由で選んだものです。

2軒目についてはホテルの方からオファーがあって、街の中に滞在している旅行客の方にも出向いてもらえるようにということで選ばれています。営業時間は午前9時から翌日の午前6時までとなっているので夜通し遊ぶことが出来るようになっているのです。

客層は日本人の方が、およそ2割ぐらいで、最も韓国人の方が多く5割くらい、中国人の方が1割くらい、それ以外の外国からの方が、およそ2割ぐらいとなっています。客単価は1人あたり100アメリカドルからとなっていて、1セントから気軽に賭けることが可能です。オンラインカジノで私たち日本人に易しサイトを探す場合は日本人向けオンラインカジノランキングを参考にしてくださいね。